オーダーカーテンのカーテン倶楽部。東京・埼玉・横浜・千葉・大阪・愛知で出張・見積・採寸無料で格安販売。

無料見積・採寸・取付 出張エリアお問い合わせサイトマップHOME
カーテン豆知識
カーテンの素材 NEXT カーテンレールとアクセサリー

カーテン生地に使用される素材(繊維)はさまざまな要素を考慮して選ばれます。まずは洗濯などで伸び縮みをするか(伸縮性)、長時間の使用に耐えられるか(耐久性)といった基本的な性能となる要素です。さらに装飾性の高さ、遮光性、防音・遮蔽性、保温、断熱性などの要素です。
扱いやすさから、化学繊維の「ポリエステル」、「アクリル」、「レーヨン」が主流ですが、最近のナチュラル志向からオーガニックコットンなど天然繊維も見直されています。

化学繊維天然繊維

化学繊維の分類と比較
長 所 短 所
ポリエステル

カーテン繊維の主流です。耐久性に優れ、丈夫で扱いやすく、形態安定性、ドレープ性にも優れています。光沢感があり手触りもよいです。機能的には最も優れているといえるでしょう。

帯電して静電気を帯びやすい。したがってほこりなどで汚れやすい。

アクリル

非常に軽量で保温性が抜群です。またかさ高性に優れ、発色が良いです。帯電性が小さく吸水性も少ないために汚れがつきにくいという特長もあります。

熱に弱くて燃えやすい。後処理で防炎加工ができません。

レーヨン

染色性、吸湿性に優れています。またドレープ性にも優れています。なじみやすいことから、混紡・交織として使用されることが多くなっています。

耐久性が低く、水に弱く縮みやすい。

ページトップへ

天然繊維の分類と比較
長 所 短 所
綿

丈夫で染色性に優れています。

シワになりやすく収縮しやすい。

耐水性、吸水性、耐熱性、透湿性に優れています。

シワになりやすく、ドレープ性に欠けます。

光沢感がありドレープ性にも優れています。美しく、発色性も非常に優れています

高価で、寸法安定性と堅牢度が劣ります。。

  NEXT カーテンレールとアクセサリー
ページトップへ

会社概要採用情報プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表示リンク

 カーテン倶楽部 さいたま大宮店

Copy Right(c) オーダーカーテンのカーテン倶楽部 All Right Reserved.屋根塗装・外壁塗装TACUTO.